top of page
  • 執筆者の写真すがゆうこ

親の心ないひと言に突き落とされた過去



こんにちは。



ママの心を休める

安心安全ベース作りのサポーター

すがゆうこです。




本っ当に久々のブログ更新に

なってしまいました(;'∀')



お読みいただき

ありがとうございます!



さて。



いきなりですが、あなたは

こんな経験をしたことはありませんか?




「これでいいのかな?」と悩みながらも

色んな情報を集めて、



「こうする!」と決めて

一生懸命努力して実践している

子どもへのかかわり方を、



そんな風にしないほうが

いいんじゃない?


こうした方がいいのに。



みたいなことを親に言われて、



不安が迷いが再燃してしまったこと…。




☆☆☆




私には、こんなことがありました。

ちょっと長いのですが

聞いていただけますか?




私の母との関係性のことは、

メール講座( メール講座はこちら

などでお伝えしてきた通りですが、



その母とのエピソードです。




長女を出産したばかりの頃。



私は、

母乳の出がすごくいいにもかかわらず、

乳首の高さが少し低いみたいで、



安定して直接飲ませるまでに

すごーく時間がかかったのです。




授乳のたびに、

おなかが空いたよ~と泣き叫ぶ長女に、




ほかのママみたいに

すぐに飲ませてあげられなくて

ごめんね…


ちゃんとしたママじゃなくてごめんね…




そうやって謝りながら必死に搾乳して、



でも、助産師さんの助言通り、

最初は直に飲むのをがんばってもらって、



それでうまくいかなくて

哺乳瓶からや~っとのことで飲ませる。




昼も真夜中もそれを繰り返して…。

時には、顔を真っ赤にして泣きすぎて、

そのまま寝てしまうこともあったので、




本当に娘に申し訳なくて、情けなくて

いつも謝っていました。





本当に辛かった。




でも、その後、長女も頑張ってくれて、

直接飲めるようになったんです!




もう私、うれしくてうれしくて(^O^)

感謝の気持ちでいっぱいに

なったことを覚えています。





そんな中でかけられた母のひと言。



哺乳瓶飲めなかったら

預かれないからね!



ここまでどれだけ悩みながら

長女と私が頑張ってきたのか、

母はすべて知っていたはずなのに、





心なくかけられたひと言。



今までの私たちの頑張りは

意味がなかったの!?



と、それまでの喜びが消えて、

暗い穴に突き落とされたような

感覚になったのを覚えています。



☆☆☆



あの頃の私は、そんな母のひと言に

一喜一憂して振り回されて



せっかく自分で選んだ

子育てへの向き合い方なのに、

自信を無くしてしまうことがありました。



母乳育児ができる喜びをかみしめて

気にせず堂々としてても

よかっただろうに…


あなたにはそんな経験はありますか?


親や周囲のふとしたひと言に、

不安や悩みが深くなって

しまったことはありませんか?




もしあなたが、



そんな悩みから解放されて、

わが子と自分にぴったりの子育てを

見つけていきたい



子育て時間を、子どもと自分の

安心の源、宝物時間にしていきたい

ということであれば、





体験マインドフルネスカウンセリングで

じっくりお話しをしてみませんか?


2/11(金)15:00までにお申込みの方は、

通常4.500円 ⇨ 0円にて

ご体験いただけます。


☆おひとり様1回限り50分程度

☆最後に、OMOIYARI TIMEのプログラムのご案内をさせていただきます





話しをしてみるからこそ、

悩みがどこからくるのかと、

クリアするための道筋

見えてくるものです。



ぜひ、お気軽にお申込みください。



最後までお読みいただき

ありがとうございました。













Comments


bottom of page