赤ちゃんのつま先

当スペースの特徴

触育ベビーマッサージ

触育ベビーマッサージとは?

「ふれあう」「みつめる」「みとめる」がキーワード。

赤ちゃんにふれたり、やさしく話しかけたり、見つめあったり。
ママの手からぬくもりがたっぷり伝わり、「親子の愛着形成」を深めます。
さまざまな刺激を組み合わせたマッサージによって、自律神経、ホルモンなどを整え、免疫力を高めたり、赤ちゃんの心、脳、体のすこやかな成長を促します。

じっくりふれあうことで、ママの育児に対する不安がやわらぎ、自信を育みます。

通称「しあわせホルモン」
♡オキシトシン・セロトニン♡

ふれあいやぎゅっと抱きしめられている時、オキシトシンが分泌されます。

2歳ごろまでにたくさんスキンシップをすることで、たくさん分泌され、赤ちゃん自身の情緒が安定し、愛情あふれる人になっていきます。

また、リズミカルな刺激や、おなかをあたためることで、セロトニンが分泌されます。

それにより、情緒が安定して、快眠にもつながります。

​(うつの方は、このセロトニンが不足していることがわかっています)