母親と赤ちゃん

​「触れる」ことへの想い

「触れる」ことの大切さに関しては、

ご存じの方も多いと思います。

代表的なのは、お母さんの「手当て」

これは、どんな薬よりも、

心からの安らぎと、症状の緩和を

もたらすことがありますね。

私は、精神保健福祉士として精神科に

勤務していた16年の間、

精神的な病気や障害をお持ちの方の

さまざまなご相談に乗ったり、

一緒に行動をすることなどで、

より良い、その方らしい生活ができるように

お手伝いさせていただいておりました。

そこで出会った方々の中には、

お母さんやご家族に

思うように甘えられなかったり、

ぎゅっとしてもらった経験が少ない方なども

多々おられました。

​(私も実はちょっと、小さい頃は

 甘えづらかったかもしれないです…。)

「触れられること」に慣れていない方は、

実はたくさんおられます。

でも、場合によっては、肩や背中にそっと

手を添えたりした時

(精神保健福祉士としては、

 普段はめったにしないことなのですが)、

ふっと力が抜けて涙を流せたり、

気持ちを率直にお話しいただけることも

ありました。

触れることは、本当に偉大なのです。

だから、

 

ベビーマッサージを知って、

たくさんお子さんに触れる機会を

作ってほしい。

 

そして、

触れられることに慣れていなかったママも

「ベビーマッサージを続けること」で

「お子さんへの触れ方を知り、

 深めていくこと」で

「お子さんへの愛情の届け方に自信が

 ついて」

​​「お子さんからの愛情の受け止め方にも

 自信がついていって」

「ママ自身も癒されていく」

このような想いから、

心によりそう&聴き手のプロである

私としては、

ベビーマッサージを多くのママさんに

お伝えしていきたいと考えているのです。

かたいお話しばかりになりましたが、

ぜひ、お気軽にご参加くださいね。

新生児